借地権と借地借家権の違いを知ろう

建物を建築する土地についての権利には所有権と借地権が存在します。借地権は土地の所有権を持つ地主さんに毎月地代を支払い利用することになります。土地を借りて建物を建てる場合、地代が必要になる事は皆さんご承知ですが、借地権という権利が生まれることをよく理解しておくことが重要です。

借地権には地上権と賃借権があります。地上権は土地の権利を登記することが可能で、建物を第3者に売却することもできます。賃借権は売却などする場合、地主さんの承諾が必要となります。借地権付のマンションではその多くが地上権を利用したものとなっていますが、中には賃借権を利用した契約のマンションもあり、一戸建ての場合、その多くが賃借権です。

建物を所有しない、また地代がないものについては借地権に該当しないため、駐車場や資材置き場などは借地権に当たりません。

また借地権を得る方は旧法と新法に関してその違いをよく理解しておくことが重要です。平成4年8月に施行された借地借家法とそれ以前の契約となる旧法は契約の更新などに関して大きな違いがありますので、旧法が適用される契約となるのか、新法である借地借家権による契約なのか、これから借地権を得る方はいずれの契約となるのかしっかり把握しておくべきです。これを理解せず契約を行うことで後に大きなトラブルとなる可能性も出てきます。

当サイトは旧法と新法、借地借家権に関しての違いをよく理解していただくために作りました。この違いを当サイトによって把握していただけたら幸いです。